用絵y朗居ゑy炉言うqyゑおいryくぅ居終えりょ

尿h会う不意尾fとぃゑyいおうryhウェ利魚tfhwいおう絵r有為尾rゑt儀終えrjtgkぇwるといゑr血終える地歩ゑ売り尾t上w里歩つ位歩得wる血尾pウェル地尾pゑrうt歩居れ魚居pトェウイ尾prつうぃえるちおpwえ

母も道連れ破産危機…高畑裕太容疑者“心の闇”の核心部分

「人の気持ちが分からない子」――。

 26日の謝罪会見で号泣した女優の高畑淳子(61)はかつてテレビ番組で、強姦致傷で捕まった長男で俳優の高畑裕太容疑者(22)のことをそう評していた。

 淳子の女優生命も危ぶまれている。親の七光で売れ始めた裕太容疑者も懲役4、5年の実刑は免れないだろうと専門家は口をそろえる。最悪の結果を招くことは子どもにだって分かるはずなのに、なぜ強姦? 事件の最大の“謎”はそれだ。

「裕太容疑者は事件を起こしたホテルに犯行の2日前から泊まっていた。犯行時はそれほど酔っぱらっていなかった。本人は計画性を否定していますが、群馬県警は、罪を軽くするための“口実”で、被害女性に狙いを定めた犯行とみて捜査を進めています」

  http://blog.gurun.jp/zxccvtv/
http://gameport.jp/images/btn_myblog_on.gif
裕太容疑者は「女性を見て欲求を抑えきれなかった」などと供述しているというが、“異常性欲”のひと言では片づけられそうにない。どんなに性欲が強くても普通なら思いとどまるし、デリヘルでも呼べばコトは済む。

■自分を過大評価する性質

「一般論ですが、反社会性パーソナリティー障害の傾向が見てとれます」と、臨床心理士矢幡洋氏がこう続ける。

「同障害者は他人に対する共感性に乏しく、罪の意識や道徳心が薄い。ウソも平気でつきます。スリルを追い求める癖があり、あえて犯罪などハイリスクなことに手を出したがる。自分を過大評価しているからで、犯罪に手を染めても、自分なら切り抜けられる、何とかなると高をくくっています。反省はしない。逮捕されてもドジを踏んだと思うだけで、次はうまくやろうと考えます」

 裕太容疑者と同じ2世タレント梅宮アンナは24日のテレビ番組で、裕太容疑者について「空気が読めない。人が言っていることを理解するのにちょっと時間がかかる」などと分析していたが、妙に符合する部分がある。

 いずれにせよ、高畑親子の前途は多難だ。

「裕太容疑者が出演予定だった日本テレビの『24時間テレビ』をはじめ、映画やドラマ、CMなど、損害賠償額は億単位に上るとみられています。裕太容疑者の所属事務所と折半となれば、母親の淳子さんが肩代わりせざるを得ないでしょうね。淳子さんは現在、都内の一等地に“豪邸”を建築中だそうですが、裕太容疑者が懲役4、5年となれば、少なくともその間は収入が激減するはずです。もちろん裕太容疑者の復帰は絶望的で、シャバに出てきても収入のアテはない。高畑親子は“破産危機”ですよ」

 “性欲”の代償はあまりにも大きすぎた。

http://www.mypress.jp/u/zxccvtv/
http://zxccvtv.exblog.jp/